睡眠時無呼吸症候群と運転免許Q&A

睡眠時無呼吸症候群を和らげる睡眠の方法は?

睡眠時無呼吸症候群は気管が塞がり
呼吸が止まってしまう症状があります。

 

仰向けで寝ると身体のすべての部分に
下向きの重力が加わるようになります。

 

舌や咽頭の上側の筋肉や軟口蓋は咽頭の
下側と後側の壁にくっつこうとします。

 

 

横向きにしたまま寝るようにしてみると
症状が良くなることがあります。

 

 

さらに背中から頭を高めにすること効果的
で背中や枕にタオルなどを敷いて背中から
頭にかけて段々高くすることがいいそうです。

 

 

当たり前のことですが寝ている時よりも起き
ている時のほうが呼吸がスムーズにできますよね。

 

 

ですので寝ている時にも少し体が起き
上がっているような態勢で眠るわけです。

 

 

他にも方法があるのでご紹介します。

 

 

体重の減量

気管が狭くなる原因として脂肪がついて
それによる圧迫ともいわれています。

 

なので少しづつ食生活を見直すのも
効果的な方法だと思います。

 

 

枕をやめて気道を確保する

下を向いているときの姿勢は気管が狭く枕を
使うとアゴが引き気道が狭くなっています。

 

枕を使わないことで後頭部の高さがなくなる
ことで気道を確保しやすくなり和らげます。

 

 

硬めのマットに変える

睡眠時無呼吸症候群の人にとって寝返りの
うちやすい環境をつくることはとても重要です。

 

柔らかいマットの上で寝ていると体が下に
沈んでしまい寝返りを打ちにくくなります。

 

 

あごと舌の筋肉を鍛える

あごの関節が衰えているとあごが後退して
しまい気道を塞いでしまいます。

 

よく噛んで食事をすることであごの関節や
衰えた舌の筋肉が鍛え気道を塞ぎにくくします。

 

 

睡眠薬や精神安定剤を減らす、やめる

気道の筋力を弱めるはたらきがあるため
無呼吸を引き起こしやすくします。

 

症状を緩和する為の薬がかえって症状を
悪化させてしまう場合があるのです。

 

一時的に睡眠時無呼吸症候群の症状を
和らげたいという方は試してみて下さい。

 

いくつか紹介しましたが効果は人に
よって個人差がるで主治医に相談し
ながら取り組むようにしましょう。

 

さらに肥満や年齢による筋肉低下などの
原因が多いようです。

 

まず健康的な食生活から見直して
いくのも健康にいいと思いますので
積極的に行うのも第一歩です。