睡眠時無呼吸症候群と運転免許Q&A

睡眠時無呼吸症候群は完治するの?

睡眠時無呼吸症候群とは眠っているときに
10秒以上の呼吸停止を何度も繰り返してし
まう症状の病気のことをいいます。

 

 

さて種類と症状はどんなものが
あるのか説明していきます。

 

 

・閉塞性睡眠時無呼吸症候群
閉塞性睡眠時無呼吸症候群が最も多いといわれ

 

 

寝ている間に気管を圧迫したり塞いでしまったり
して呼吸が止まってしまいます。

 

 

いびきといびきの間は呼吸が止まってお
りこの無呼吸状態が一晩に何十回以上もあります。

 

 

・中枢型睡眠時無呼吸症候群
中枢型の無呼吸は脳幹部にある呼吸中枢に何らかの異常

 

 

が起こり脳から「呼吸をする」という命令が伝えられな
いために起きる症状です。

 

 

・混合型睡眠時無呼吸症候群
混合型の無呼吸は閉塞型と中枢型の両方の原因により
起こるものでなる人は少ないです。

 

 

混合型の無呼吸は中枢型無呼吸が先に症状がみられ
その後閉塞型の無呼吸に移行するとされています。

 

 

そして最も多い「閉塞性睡眠時無呼吸症候群」
について詳しくお話します。

 

 

睡眠時無呼吸症候群の人は肥満で喉や首の周りにも
脂肪がついていることが原因です。

 

 

ですから肥満が原因の人は減量や食生活を改善
することで完治する可能性があります。

 

 

さらに原因として首の長さやあごの大きさなど
骨格の問題が影響しているケースや

 

 

扁桃腺が肥大していたり口蓋垂(のどちんこ)が
長すぎたりするケースもあるようです。

 

 

その場合は外科手術で余分な部分を取り除くことも
有効な治療法だと言われています。

 

 

原因が複合的な場合は減量や手術で症状を改善する
ことはできても完治させるのは難しいみたいです。

 

 

現在睡眠時無呼吸症候群の治療法として最も有効と
されているのは「CPAP療法」があります。

 

眠るときに鼻マスクをつけそこに一定の圧を加え
た空気を送り込み気道を広げ無呼吸を防ぐというものです。

 

 

その治療効果はとても高く取り付けた日からぐっすりと
熟睡でき無呼吸が解消されるといわれています。

 

 

しかしCPAP療法も睡眠時無呼吸症候群そのもの
を治せるわけではないのです。

 

 

あくまでも症状を改善するための治療なので鼻マスクを
やめてしまうと元に戻ってしまうのです。

 

 

そんなふうに聞くと治療を受けても無駄だと
感じる人もいるかもしれませんよね。

 

 

でも睡眠無呼吸症候群を放っておくと日ごろのミス
交通事故を起こしたりする可能性が高くなります。

 

 

また睡眠時無呼吸症候群は高血圧や糖尿病などを合併
しやすく最悪の場合は心筋梗塞や脳出血、脳梗塞など
命にかかわる病気を引き起こす危険性もあります。

 

 

将来的に起こる可能性が高い合併症を引き起こす
可能性を減らすためにも早めの治療をおすすめします。