睡眠時無呼吸症候群と運転免許Q&A

睡眠時無呼吸症候群に睡眠薬を使った方がいいの?

睡眠時無呼吸症候群とは睡眠中に呼吸が
止まる病気をいいます。

 

さらに睡眠障害で心臓疾患脳血管障害
などのリスクが高まる危険な病気です。

 

この睡眠時無呼吸症候群ですが気道が
狭くなるのが原因となっています。

 

狭くなる塞がってしまう原因として

・肥満
・骨格
・舌根の腫れ
・口蓋垂(のどちんこ)が長い
・脳から指令が出ていない

 

と原因はいくつかありその原因も
タイプによって異なります。

 

 

閉塞性睡眠時無呼吸タイプ(OSA)と
中枢性睡眠時無呼吸タイプ(CSA)です。

 

 

閉塞性タイプがほとんどで中枢性タイプ
はほんの数%と言われています。

 

そしてその治療もいくつかあります。

 

 

CPAP療法(シーバップ)

もっとも普及している治療法

 

鼻に装着したマスクから気道へと一定の気圧
が送り込まれ気管を開けてくれます。

 

 

マウスピース

比較的軽度な症状に適した治療法

 

下あごを上あごよりも前方に出すように
固定させることで上気道を広く保ちます。

 

 

外科的手術

気道を塞ぐ部位を取り除く根治療法

 

 

気管を塞いでいる余計な部分を切除し
原因をなくす方法です。

 

 

実際服薬治療を行っているところは少なく
服薬治療が有効とは言い切れない状態です。

 

 

夜中に目が醒めたり熟睡感がない場合は
睡眠薬を服用することはありますが

 

 

服薬しても睡眠の悩みや原因が改善される
わけではないということです。

 

 

でも逆を考えると睡眠薬を飲めば
悩みが消えるということになります。

 

 

毎日日中の強烈な眠気や会議中の
眠気に襲われることないじゃん。

 

 

集中力や活力がかけずにしっかり
仕事などに集中できていいな。

 

 

と安易な考えは絶対にしないよう
お願いします。

 

 

睡眠時無呼吸症候群の場合と不眠症
の場合で治療方法はまるで異なります。

 

場合によっては余計に悪化してしまうので
睡眠薬を服用する際には注意が必要です。

 

睡眠薬は診療科でもらうことができるので
無呼吸症候群だと疑われることが少ないです。

 

 

不眠症の睡眠薬を処方されていることがある
かもしれませんのでしっかり伝えてください。

 

 

睡眠時無呼吸症候群が原因で眠れなくて辛い
場合には睡眠薬を使わない方法を考えましょう。

 

 

睡眠薬が使えない代わりにサプリなどを服用
することも効果的なケースがあるかもしれません。

 

 

でも上記でもいった3つの治療法で
原因に合わせて治療を受けましょう。

 

 

命にかかわるような合併症を起こす
危険な病気なのはしっていますよね。

 

 

なので原因を早く見つけて早めの治療が
第一だと思ってください。